« 【民主党】棺直人献金、捜査中! | トップページ | 【民主党】子供手当始末記 »

2011年8月15日 (月)

【転載】終戦の日に思う

イメージ 1

815日を「終戦記念日」という。
あの終戦を“記念日”だと言うのは今もって抵抗がある。
815日の終戦、つまりあの戦争とその後の占領政策こそ日本にとって有史以来初めて味わう
屈辱であったはずです。
そして、多くの日本国民が気付かぬまま今も面々と占領政策が引き続いているのです。
我々はこの屈辱の日を“記念日”と言うよりは、日清戦争後の三国干渉による圧力を
我が先人達が堪え難きを堪えた“臥薪嘗胆”こそ全国民が思いはせるべきではないか。
日本人には戦後のアメリカの占領政策で精神的に無力化させられたという自覚がまったくない。
戦時国際法・交戦法規には一般住民や非戦闘員に危害を加えてはならないとあります。
また、軍事目標以外を攻撃してはならないとあります。
さらには不必要な苦痛を与える残虐な兵器を使ってはならないとも書いてあります。
大空襲による同胞の死、落とす必要のなかった原爆での犠牲、祖父たちが味わったあの辛苦と屈辱。
戦後、この全てを戦争指導者、つまり軍国主義者の責任とし、
占領軍は自分たちの民主化政策の正当化のために日本人に贖罪意識を植え付けたのです。
しかし考えてみるまでもなく、共同謀議による平和に対する罪であるA級戦犯も戦争犯罪のB級戦犯も非人道的なC級戦犯も連合国の人間にこそそっくり当てはまるものではないか。
にもかかわらず、いまだにA級戦犯の合祀をもって靖国神社参拝を拒んでいる政治家がいる。
A級戦犯など日本にはいないのだ。
先人たちの尊い命を以って我が国を護ろうとした壮絶なる気魄を理解できず、
誤った歴史認識を信じる者には政治家にはなれないようにすべきではないか。
日本国の政治家にとってまずそれが根本であるはずだからです。
毎年、この時期になるとマスコミが“戦争の悲惨さ”を訴え、“平和”を訴えようとする。
戦争は悲惨であるのは当然です。出来ることなら戦争などしない方がいいに決まっています。
しかし、今もって世界では戦争がなくなることがないのも現実です。
核廃絶、といくら叫んでも核廃絶には絶対ならないのと同じようなものです。
戦争とはある意図を持った者たちによって仕組まれるものだからです。
もちろん日本の周辺諸国の状況を鑑みれば日本も戦争や攻撃から無関係ではないといえるでしょう。
日本がいくら戦争をしないと言って憲法9条を守っても、日本国は守れないのです。
その時に“専守防衛”で相手から攻められるまで何も出来なければ、
おびただしい犠牲が出ることは容易に想像がつくことです。
つまり、今の日本の防衛体制や憲法では“同じ過ちを繰り返さない”ことにはならないのです。
だからこそ、早く憲法を変えるべきだ、防衛費を増額しろ、と言っているのに
「日本は戦争に向かうのか」、「防衛費なんかより社会保障だ」と抵抗する者がいます。
“危険は忘れた頃にやってくる”
その危険を回避するために想定外のことも想定することが危機管理として非常に大切であることは
今回の東日本大震災の一番の教訓であったはずです。
それを放射能の恐怖と脱原発、さらには再生可能エネルギーにまで展開している。
これでは一番の教訓は活かされそうにない。
無防備な日本などには何も武力を用いなくても侵略は可能かもしれない。
日本の政治家や官僚を籠絡して、日本にスパイ、工作員を大量に送りこんで、
戦後教育とお人好しの日本国民を騙し、反日日本人たちと呼応して日本を乗っ取ることは夢ではない。今の民主党政権はまさしくそれに近いのかもしれない。・・・

イメージ 2

さて、終戦の日にマスコミなどが“戦争の悲惨さ”や“平和を訴える”ことは尤ものようであるが、
どうも“左”の匂いがする。
特に偏った歴史観と自虐史観でつくられた番組など見るに堪えない。まさに堪え難きを堪えだ。
私はあえて終戦の日を境にどうして日本がダメになっていったのかを、
この日にこそ日本人が知り、考えることが必要だと思うのですが、いかがでしょうか。
日本人の贖罪意識に大きな役割をしたのが占領軍が実施した“プログラム”でした。
この“プログラム”は敗戦後まもない日本人の心に、
戦争を起こした国家の罪と自覚を植え付ける目的でつくられたものです。
日本人に贖罪意識を植え付けるこの“プログラム”は昭和20128日に始まった「太平洋戦争史」と
題した新聞連載を皮切りに執拗に進められました。なぜこの日となったのか。
それは4年前のこの日に日本がアメリカに宣戦布告した日だからです。
この“プログラム”は占領軍の民間情報教育局(CI&E)によって準備されたもので、
それまでの日本人は誰ひとりとして聞いたこともないような、
南京、マニラにおける日本軍の残虐行為を歴史の真相として強調したものでした。
占領軍はこの一週間後「太平洋戦争史」を徹底させるため、
神道指令で「大東亜戦争」という名称の使用を禁止しました。
「太平洋戦争史」は新聞連載終了後の昭和211月に占領軍の「依命通牒」によって停止となった「国史」の授業の代わりに学校教材として使われることとなりました。
このようにして日本人が使っていた「大東亜戦争」は占領軍によって「太平洋戦争」と言うようにすり替えられたのです。
だからこそ今の日本人にはよく理解してほしい。
戦前を生きた方々に聞けば一目瞭然ですが、戦争当時日本であの戦争を太平洋戦争と言っていた人は誰もいません。
それは日本があの戦争の戦った地域を見ただけでも理解できるでしょう。
日本が戦ったのは太平洋だけではないのです。日本はアジア諸国が長年の白人による搾取や愚民化政策、人種差別による植民地体制から解放するために大東亜戦争という呼称のもと、日本の青年とともにアジアの青年たちが立ちあがって戦った戦争だったのです。
それが事実です。
こうして日本人に贖罪意識を植え付け、その最大のものは東京裁判でした。
占領軍の指示でこの裁判の検察側の取り上げる戦犯の罪状ばかりを、
日本の新聞やラジオで事細かく伝えられました。
このことからも東京裁判が日本人自ら犯した戦争の罪悪を見せつけるためであったのは明らかです。
この“プログラム”で日本人から自国の歴史に対する自信と誇りを奪い去り、
強烈な贖罪意識を植え付けることに成功して、
今現在もマスコミや学校教育はこれに則って報道され、教育されているのです。
もういい加減に太平洋戦争などと米国に言わされ、米国が使っていた言い方を使うのはやめようではないか。
・・・
さて、冒頭の終戦記念日についてです。
国際法上の戦争は昭和20815日をもって終了したわけではありません。
国際法上での大東亜戦争の終結は昭和27428日のサンフランシスコ講和条約です。
ポツダム宣言の受諾決定が814日に行われ、
正式に停戦命令が出たのは816日、
連合国軍に日本陸海軍が降伏文書に調印したのが92日です。
では815日とは何なのでしょう。
この日の正午、昭和天皇が「大東亜戦争終結ノ詔書」(詔書の日付は814日)を玉音放送された日です。
時運の趣く所、堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、以って万世の為に太平を開かんと欲す
国民を悼み、困難をともに乗り越えて復興を願う切々したお言葉は、
全ての日本人が敗戦の重い現実を心に刻んだ忘れえぬ日でした。
昭和27428日にサンフランシスコ講和条約が発効するその日まで“戦闘”は続行中であったのです。
だからこそ占領政策も日本の無力化というアメリカの追撃戦だったことを我々は忘れてはいけません。

イメージ 3

                 さくらの花びらへの応援お願いします。
                    ブログランキングのクリックをお願い致します。
                        ↓ ↓ ↓ ↓ 
             http://blog.with2.net/in.php?1248574

転載元 転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

|

« 【民主党】棺直人献金、捜査中! | トップページ | 【民主党】子供手当始末記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109411/52477938

この記事へのトラックバック一覧です: 【転載】終戦の日に思う:

« 【民主党】棺直人献金、捜査中! | トップページ | 【民主党】子供手当始末記 »