« パチンコ疎開 | トップページ | 【民主党】独裁と軽視 »

2011年5月 3日 (火)

【日本国憲法】制度疲労?

人間ならもう、定年を迎える時期なわけだが…

日本国憲法が施行64周年…震災受け論議の声も
(2011年5月3日(火)1時33分配信 読売新聞)

 日本国憲法は3日、施行64周年を迎えた。

 昨年5月に国民投票法が施行され、与野党は憲法改正原案を国会に提出できるようになった。しかし、原案審査の場となる衆参両院の憲法審査会は、2007年8月の設置以来、同法制定を巡る与野党対立の影響で始動できない状態が続き、国会の憲法論議は停滞している。

 ただ、3月11日の東日本大震災を受け、大規模災害などへの対処方針を定めた非常事態(緊急事態)条項を憲法に規定すべきだとの声が、与野党から出ている。

天寿を全うするか野垂れ死にか、答えは未来が知っているとだけ。(冷笑)

|

« パチンコ疎開 | トップページ | 【民主党】独裁と軽視 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109411/51564044

この記事へのトラックバック一覧です: 【日本国憲法】制度疲労?:

« パチンコ疎開 | トップページ | 【民主党】独裁と軽視 »