« 【民主党】河上サイト噴火中 | トップページ | 天皇陛下、検査無事終了 »

2011年2月 7日 (月)

【転載】大田区の反日女性議員

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/996168/img_996168_34281318_0?20110207210841

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/996168/img_996168_34281318_1?20110207210841

人気ブログランキング ← 最初に、応援のクリックをお願い致します


良識ある日本国民の皆様には、大田区の女性区議が朝鮮学校無償化を都議に呼びかけるとの発言はご存知だと考えます。

大田区のオモニ達と区議員がお点前など体験

大田区新春日朝女性たちの国際交流お茶会」が1月25日に大田区の池上梅園聴雨庵で行われた。

日本の伝統文化である茶道を体験する「お茶会」には大田区の女性同盟のオモニたち18人と日朝友好促進大田区議員連盟古山まさ子会長(64)をはじめとする大田区議会女性議員(超党派)ら7人が参加した。

会長は「日本人、外国人に関係なく大田区民が快適に住ごせる街作りを目指している」と話し「在日の方々は大田区民の一員として立派に生きているのに辛い思いをしてじっと耐えている。そんな思いをさせないためにも草の根の交流を通してすべての大田区民が理解し合い共生していくことが大切だ」と訴えた。 

また「無償化問題でも朝鮮学校だけが外された。大田区は独自に助成金を出しているが決して途切れてはいけない。今後も無償化問題についても都議らともに呼びかけて行きたい」と語った。

この日に行われた茶道体験ではまず講師の菊池さんから日本のお茶の歴史について聞いた。

菊池さんは「中国からの影響も大きかったが千利休からは朝鮮の影響が圧倒的に大きい。それは利休が好んだ楽茶碗からも知ることができる」と指摘した。

また同氏は千利休の法名は宗易(そうえき)。祖父が千阿弥と名乗ったことからその名をとって千姓としたとされている。そのため出自は朝鮮半島だとする説もあると述べた。
(朝鮮新報2月4日)より抜粋
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2011/01/1101j0204-00001.htm

>日朝友好促進大田区議員連盟古山まさ子会長(64)をはじめとする大田区議会女性議員(超党派)ら7人が参加した

古山まさ子会長とは「公明党」の区議会議員で、他の「女性区議」については名前が明らかにされていませんが、大田区には「民主」・「公明」・「共産」ら12名の女性区議がいますので特定出来ると考えます。 「おおた区議会:議員紹介」http://www.city.ota.tokyo.jp/gikai/shoukai/giinsyokai/index.html

>「在日の方々は大田区民の一員として立派に生きているのに辛い思いをしてじっと耐えている。そんな思いをさせないためにも草の根の交流を通してすべての大田区民が理解し合い共生していくことが大切だ」

>「無償化問題でも朝鮮学校だけが外された。大田区は独自に助成金を出しているが決して途切れてはいけない。今後も無償化問題についても都議らともに呼びかけて行きたい」

東京都大田区と言えば、多くの「在日韓国・朝鮮人」が住んでいる区で有名ですが、大田区は区内にある「東京朝鮮第六学校」に対して「外国人学校振興費補助金」として「毎年100万円」を補助して、学校に直接補助しているのは東京都23区では大田区だけですし、大田区では外国人学校生徒の保護者に対して「外国人学校児童・生徒保護者補助金」として「生徒一人当たりに月額1万1千円」を支払っており、大田区が「在日韓国・朝鮮人」を優遇するのは、創価学会の「池田大作」名誉会長が生まれ育ったことが原因と言われています。

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/996168/img_996168_34281318_2?20110207210841

↑ 池田氏の「父親」は姫路市の皮革職人の「朝鮮人」で、その後に「羽田」の海苔養殖場で「海苔つみ」の仕事に従事していた時に知り合い結婚した、池田氏の「母親」も「朝鮮人」で、「池田大作」氏の本名は「成・太作(ソン・ぺチャク)」との「韓国籍から日本に帰化」した「朝鮮人」との風評があり、池田氏の「香峯子夫人」は「韓国籍の元プロ野球選手」で日本に帰化して公明党参議院議員になった「白木義一郎の姪」で「韓国籍から日本に帰化」した「朝鮮人」で、「夫婦揃って韓国籍から日本国籍に帰化した朝鮮人」と言われています。

私は本ブログで記事としましたが、昨年12月に北朝鮮影響下の思想教育や反日教育が問題となっている朝鮮学校に対して、全国で初めて「東京都」が「都内の朝鮮学校10校への補助金支出を当面中止」する方針を固めたことで、大田区の「反日区議」は「都議会議員」に対して「補助金支出」を迫るつもりでも、「朝鮮学校」とは「文部科学省が示す学習指導要領に沿った教育内容」を持たないで「北朝鮮における教育」を基本としている「民族学校」で「各種学校」扱いですから、「日本国憲法第89条」の「公の財産の利用の制限」により「違憲行為」です。

>同氏は千利休の法名は宗易(そうえき)。祖父が千阿弥と名乗ったことからその名をとって千姓としたとされている。そのため出自は朝鮮半島だとする説もある

私のブログへご来訪下さる方より、「千利休までが在日認定された・・・茶道も韓国起源にされた」などのご意見を頂いたので上記の記事を読みましたが、講師の菊池さんとは「茶道の裏千家」茶道教授とあるので「裏千家のサイト」に書かれていることを承知の上での発言であり、すでに「千阿弥とは朝鮮と無関係」で「利休が朝鮮より渡来してはいない」との証明がされているので、在日韓国人の組織である「民団」の主張に近い考えの持ち主です。

3.利休(りきゅう)とわび茶の完成(かんせい)

利休(りきゅう)は姓(せい)を田中、名を与四郎といい堺に生まれました。幼いころから茶を学び、やがて紹鴎(じょうおう)の弟子(でし)になりました。その後、織田信長(おだのぶなが)[1534~1582]に召(め)されて茶道役(さどうやく)として仕えますが、利休(りきゅう)が千(せん)を名のるのは、この時、信長(のぶなが)から祖父の千阿弥(せんあみ)の姓(せい)を与えられたからです。
(裏千家財団法人今日庵)より抜粋
http://www.urasenke.or.jp/textb/kids/itu/itu.html

高麗茶道 日本に深い影響<上>

草庵茶室の狭小な空間に侘(わび)、寂(さび)の小宇宙を創出する日本の茶道。日本オリジナルと信じられていた千利休に至る日本茶道の確立期に、高麗時代の茶道が大きな影響を与えていた。・・・(略)・・・追放された多数の高麗遺民が大内氏を頼って来日していた事実がある。大部分は僧侶や高官、文化人である。今も博多や堺には高麗町が残っているが、そこは彼らの居住地の名残りである。

彼らは祖国の茶会を貿易都市に持ち込み、貿易の当事者である商人にその作法が広まっていった。後に日本の茶道を確立した千利休が武士でも貴族でも農民でもなく、堺の商人であったことには必然的な理由があったのだ。
(2006.4.5 民団新聞)より抜粋
http://www.mindan.org//shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=1178&corner=6

http://img3.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/1c/80/x1konno/folder/996168/img_996168_34281318_3?20110207210841

すでに「韓国」では「茶道も韓国起源」と騒いでいますし、日本や世界各国の文化を「韓国が起源だ!」として「宇宙の起源」まで主張するのですから、私は「またか・・・」と呆れるだけですが、本ブログには投稿文字数に制限がありますので「日本文化に対する韓国起源説」や「キリスト」・「四大文明」などまで韓国起源とする画像や「動画」などは本ブログ以下の記事をご覧下さい。

「韓国の文化は盗作だらけで韓国起源には呆れるだけだ、韓国人に真実の動画を歪曲だと抗議する資格はない」http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/31027563.html

朝鮮学校へ異例の助成金を出している大田区は、創価学会の池田大作名誉会長の出生地だからであり、大田区の反日女性議員には抗議して、大田区民は次期区議選で落選させるべきです。

良識ある日本国民の皆様、大田区議会議員についてご考慮下さい。

===↓↓ ランキングの応援クリックお願いします ↓↓===

「人気ブログランキング」 http://blog.with2.net/in.php?646336

転載元 転載元: 近野滋之・民族主義者の警鐘

|

« 【民主党】河上サイト噴火中 | トップページ | 天皇陛下、検査無事終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109411/50805694

この記事へのトラックバック一覧です: 【転載】大田区の反日女性議員:

« 【民主党】河上サイト噴火中 | トップページ | 天皇陛下、検査無事終了 »