« 東アジア共同体(笑)の現実 | トップページ | 【転載】大田区の反日女性議員 »

2011年2月 7日 (月)

【民主党】河上サイト噴火中

いっそ…

「神様怒っている」で炎上の民主前議員 「私も傷ついた」と釈明して「再炎上」
(2011年2月7日(月)18時44分配信 J-CASTニュース)

   宮崎県と鹿児島県にまたがる新燃岳の噴火をめぐり、民主党の前衆院議員のツイッターの書き込みが炎上している。口蹄疫で大量の殺処分が行われたことと、今回の噴火が関連しているともとれる内容で、「好きで処分したわけではない! 」などと批判が殺到。

   ウェブサイトには謝罪文が掲載されたが、「私も大変傷つきました」という文言がまた問題にされ、火に油を注ぐ結果になってしまった。

「牛や鳥を大量に殺処分して、命を粗末にしている」

   発言の主は、前民主党衆院議員の河上満栄(みつえ)氏(39)。河上氏は全日空やノースウエスト航空を経て、2009年衆院選に比例代表近畿ブロックから出馬し初当選。10年参院選で、京都選挙区からくら替え出馬したが、落選していた。

   河上氏は、2011年2月4日未明、ツイッターで、

「宮崎の火山が噴火し続けている。牛や鳥を大量に殺処分して、命を粗末にしていることに宮崎の大地の神様が怒り猛っているように感じる」
などと書き込んだ。これに対して、

「何故殺処分に至ったのか何も理解されてないんですね。皆断腸の思いで殺処分しているのに」
「宮崎に謝れ」
「怒りで手が震える」
といった批判の声が続出。これに対して、河上氏は同日夜に謝罪文を掲載し、

「家畜たちは、食されることでその使命を全うします。命を頂くことは本当に有難いことです。(中略)今回、その使命を全うすることなく突然命を絶たれた家畜たちの無念、家畜たちを育んだ農家のみなさまの無念や怒り、絶望は到底計り知ることができません」
などと釈明した。

ツイッターのアカウントを削除

   だが、2月5日になって掲載した2回目の謝罪文が、さらに波紋を広げることになった。この文章では、

「140文字の範囲での表現に限界を感じ、これ以上家畜伝染病・噴火で罹災された方々の心を、私が残したメッセージで傷つけたくありません。よって先程ツイッターアカウントをクローズ致しました」
として、ツイッターのアカウントを削除したことを明らかにしたが、文章の中に、

「ネットは本当に便利でありながら、一方で大変恐ろしい凶器になるのだと実感しました。今回、ネット上で、無名無数の方々から激しい罵りを受けました。今も拡散していると思います。しっぺ返しでありながら、私も大変傷つきました。しかし私の発した言葉の方がより激しく、ナイフのように人の心を切り裂いてしまったのだと思います」
という部分に、自己弁護ともとれる表現が含まれていたことから、さらに批判は加速した。

   このことから、謝罪文の記述を大幅に削除。現在では、7行程度に短くなった謝罪文が掲載されている。

赤松サンあたりと仲良く、火口に身を●…以下自粛。(冷笑)

|

« 東アジア共同体(笑)の現実 | トップページ | 【転載】大田区の反日女性議員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109411/50805334

この記事へのトラックバック一覧です: 【民主党】河上サイト噴火中:

« 東アジア共同体(笑)の現実 | トップページ | 【転載】大田区の反日女性議員 »