« 【民主党】APECが吹っ飛ぶ? | トップページ | 2010年の『感字』 »

2010年11月12日 (金)

【民主党】逃げ隠れ

徹底的に逃げまくるつもりのようだが…

尖閣ビデオ公開!→わずか6分50秒 小泉議員、失笑
(2010年11月9日(火)8時0分配信 産経新聞)

 衆院予算委員会は8日、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の衝突場面を収録したビデオ映像を、野党の委員ら約20人を対象に公開した。ただ、インターネット上に40分以上の映像が流出した後にもかかわらず、今回の映像は1日に衆参の予算委理事らが視聴したのと同じ6分50秒に編集されたもの。野党議員は「笑えない笑い話。クリーンでオープンな民主党と言ったのとは全く逆の隠蔽(いんぺい)体質だ」(自民・小泉進次郎氏)とあきれ顔だった。

 自民党は8日午前の同委理事会で、報道陣も同席した上で、委員会で公開するよう求めたが、民主党は拒否した。自民党は未編集の映像の全面公開も求めているが、民主党は「全面公開するかどうかは政府の判断になる」(中川正春同委筆頭理事)と難色を示した。

 一方、民主党は平成22年度補正予算案の10日の採決を改めて提案。野党は外交や危機管理をテーマにした集中審議の開催などを求め、平行線に終わった。自民党の谷垣禎一総裁は8日、党本部で記者団に対し「10日の採決という前提はナンセンスとしか言いようがない。集中審議は必須だ」と述べ、採決の前に集中審議の開催を求めた。

進次郎から逃げた?民主に野党猛反発 予算委テレビ中止一転中継
(2010年11月10日(水)17時0分配信 夕刊フジ)

 10日の衆院予算委員会の集中審議で、当初与党側がNHKのテレビ中継を用意せず、午前10時からの開会が30分間ずれ込んだ。野党側の猛反発で11時から中継することで決着し、委員会は30分遅れでスタート。この日午後には、自民党の小泉進次郎衆院議員が予算委初の質問に立つだけに、野党は「菅直人首相が進次郎から逃げようとした」(自民党国対幹部)といぶかっている。

 中継をめぐっては、自民党の逢沢一郎国対委員長が9日夜から、民主党の鉢呂吉雄国対委員長に要請しようと何度も携帯電話をかけたが、「電源が切れた状態でつながらなかった」(同)。逢沢氏は他の国対幹部に中継を求めたが「鉢呂氏と連絡が取れない」とつれない返事に終始したという。

 10日午前9時40分からの予算委理事会では、民主党がNHKと交渉していないことが明らかになり、野党側が「政権に都合の悪い話を国民に見せないのか」などと猛反発。結局、中井洽予算委員長(民主)がNHKとの交渉を指示し、急きょ11時からの中継が決まった。

 この日は中国漁船衝突事件のビデオ流出問題や露大統領の北方領土訪問が議題。前日までの2日間の予算委審議でも、菅首相をはじめ政権側は防戦に終始しただけに、民主党としては政権へのダメージを少しでも避けたかったようだ。

小泉進次郎 予算委による6分の尖閣ビデオ視聴会に疑問

(2010年11月11日(木)9時2分配信 アメーバニュース)

 衆議院予算委員会が尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオが流出したことを受け、衆参両院の予算委員会は改めて改めて視聴会を開いた。これについて、衆議院議員の小泉進次郎氏(29)が自身のブログでモノ申している。

 同事件のビデオは11月1日、衆参両院の予算委員会理事など約30人に限定された視聴会が行われたが、今回の視聴会は同委員会メンバー全員や質問予定議員に対象を拡大したもの。ビデオは1日に視聴したものと同じ内容のもので、衝突映像を中心とした約6分50秒に編集されたものが公開された。

 小泉氏は質問予定議員のパネリストと同席していたようで、委員会のお昼休み時にビデオが公開されたことをブログで報告。

 改めて視聴会が開かれたことについて小泉氏は「既にインターネットで約40分のビデオ映像が流出しているのに今更何の意味があるのか。私は予算委員だから今日ビデオを観ることが出来ましたが、流出ビデオを観た国民は予算委員よりも早く、しかもより長い時間のビデオ映像を観たという現実・・・。国民は40分、国会議員は6分。こんな公開を平気でやる感覚が理解出来ない。改めて感じる、永田町の不思議です」と苦言を呈している。

いっそ、全党丸ごと国外逃亡しては?(冷笑)

|

« 【民主党】APECが吹っ飛ぶ? | トップページ | 2010年の『感字』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109411/50005196

この記事へのトラックバック一覧です: 【民主党】逃げ隠れ:

« 【民主党】APECが吹っ飛ぶ? | トップページ | 2010年の『感字』 »