« 星野氏の… | トップページ | 校内はセックス特区? »

2010年10月29日 (金)

【民主党】晩節

ここまで来ると醜態としか言い様がないわけだが…

小沢“引きこもり”岡田を無視! 党内でも徹底抗戦
(2010年10月28日(木)17時0分配信 夕刊フジ)

 民主党の小沢一郎元代表が、自らの政治倫理審査会出席など国会招致問題をめぐる岡田克也幹事長の会談要請に応じていないことが分かった。政倫審出席を拒否する意向とみられる。さらに27日には、東京第5検察審査会の起訴議決の執行停止などの申し立てを棄却した東京高裁の決定を不服とし最高裁に特別抗告。これは悪あがきか、計算ずくの抗戦か。

 民主党関係者によると、岡田氏は25日の役員会で対応を一任されたのを受け、これまで小沢氏側に数回にわたり会談を求めた。これに対し、小沢氏側は27日まで一切返答していない。

 小沢氏周辺は「野党が2010年度補正予算案の審議に応じるかどうか分からないのに、政倫審を開いても意味がない。さらしものになったうえ、『次は証人喚問をやれ』とハードルが上がるだけだ」と語り、野党側が審議入りを確約しなければ、政倫審出席を拒否する意向であるとの見通しを示した。

 岡田氏は27日午後、菅直人首相と官邸で今後の対応を協議。小沢氏に近い輿石東参院議員会長とも国会内で意見交換したが、関係者によると、当面は野党と小沢氏の出方を見守るという結論に至った。一方の小沢氏は都内の個人事務所で山岡賢次副代表と会談したが、政倫審の話は出なかったという。

 その傍らでの特別抗告。小沢氏の弁護団は、起訴議決、指定弁護士の選任について、「違法性を行政訴訟で争わせないとする決定は、憲法で保障された裁判を受ける権利などに違反する」と主張している。

 小沢氏は15日に強制起訴手続きの差し止めなどを求めた行政訴訟を起こし、同時に起訴議決の執行停止と指定弁護士選任の仮差し止めを申し立てた。しかし東京地裁、東京高裁がいずれも「民事ではなく刑事裁判で争うべき」などとして門前払いしていた。

 国会招致や公判手続きに「正々と応じる」としていた小沢氏だが、国民は一連の行動を「正々としている」とみるかどうか。

小沢氏問題、補正直撃 「このままいけば除名だ」
(2010年10月29日(金)8時0分配信 産経新聞)

 民主党の鉢呂吉雄国対委員長は28日、国会内で自民党の逢沢一郎国対委員長と会談し、小沢一郎元代表の国会招致について、岡田克也幹事長と小沢氏との会談の見通しが立っていないことから、平成22年度補正予算案審議入り前の実現は難しいとの考えを伝えた。

 28日夕の衆院予算委員会理事懇談会では、政府が提出した沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件のビデオ映像の扱いについても結論が出ず、29日に再度協議することになった。「国民生活」をテーマに政治とカネ、尖閣問題などに関する集中審議を11月1日に開催することでは合意した。

 ビデオの公開をめぐっては民主党が衆参両院予算委の理事を対象にした秘密会形式を検討している。これに対し、自民党の谷垣禎一総裁は28日の会見で「誰が責任を持って編集をしているのか」と、全編公開を求める考えを示した。

≪自民審議拒否も≫

 民主党の小沢一郎元代表の国会招致のめどが立たないことが、平成22年度補正予算案を直撃している。招致を強く求めてきた自民、公明両党が補正予算に関する日程協議に応じないと攻勢を強めているためだ。民主党の岡田克也幹事長は小沢氏の意向をつかもうにも面会の約束すら取り付けていない状態が続いている。党内からは「このままいけば除名だ」(幹部)などと、小沢氏への不満も出始めている。

 「粘り強く忍耐強く、私はいつでもお会いしたい。(補正予算案の)審議日程が迫る中で、国会の対応についてお話ししたい」

 岡田氏は28日の記者会見の場を使い、小沢氏に会談を呼びかけた。

 岡田氏はここ2、3日、小沢事務所などを通じ小沢氏に面会を打診したが返答は得られていない。小沢氏側近らの携帯電話にも数度かけてみたが、これまた通じずじまい。

 民主党の鉢呂吉雄国対委員長は28日の逢沢一郎自民党国対委員長との会談で、招致問題が進まない状況について「幹事長の下で検討していて、できるだけ早く野党側に返事できるようにしたいが今のところ目鼻がつかない」ともらした。逢沢氏は「決心がつかない以上、補正予算の審議を含め国会のあり方に大きな影響は避けられない」と審議拒否を辞さない構えを示した。

≪尖閣問題で勢い≫

 政府与党は補正予算案を29日に国会に提出し、11月1日から審議に入り、同月上旬には衆院を通過させたいとの皮算用を立てていた。

 だが野党側は小沢氏の招致問題に加えて、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ公開問題という攻撃材料を得て、勢いを増している。

 補正予算審議の見通しが立っていないことについてある民主党幹部は28日夜、いら立ちを隠さなかった。

 「(9月の党代表選で小沢氏に投票した)200人の支持があり、野党が求める証人喚問も実現などできないと高をくくっているんじゃないか。あの人のおかげでえらい迷惑だ」

除名される前に、いっそ自●すれば?(冷笑)

|

« 星野氏の… | トップページ | 校内はセックス特区? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109411/49877898

この記事へのトラックバック一覧です: 【民主党】晩節:

« 星野氏の… | トップページ | 校内はセックス特区? »