« 【民主党】青木愛にW不倫疑惑 | トップページ | 【民主党】小沢月内に聴取へ »

2010年9月16日 (木)

【支那】吸血パンダ

いっそ、この際…

パンダ「コウコウ」の死に賠償金? 人為的ミスあれば4200万円
(2010年9月16日(木)19時32分配信 J-CASTニュース)

   神戸市立王子動物園で飼育されていたジャイアントパンダ「コウコウ(興興)」が死んだことで、日本側が賠償金の支払いを求められるとの報道が飛び交っている。

   中国側は日本に調査団を派遣し、死亡の原因究明に当たるという。日本側に全面的な責任があるとなれば、賠償額は協定により50万ドル(約4200万円)になるというのだ。

尖閣諸島問題と絡めて報道

   オスのジャイアントパンダ、コウコウは2010年9月9日に急死した。王子動物園の発表によるとこの日、メスのパンダ「タンタン(旦旦)」に発情の兆候が見られたため、コウコウに麻酔をして精子の採取を試みた。ところが麻酔から覚める過程で心配停止となり、正午過ぎに死んだことが確認された。死因は不明だという。

   中国の報道によると、死因の確認のために中国野生動物保護協会が「調査団」を日本に派遣するとのこと。さらに、コウコウの死に対して日本側が賠償金を支払うことになる可能性があり、その金額は50万米ドル(約4200万円)に及ぶという。

   このニュースは各国で報じられた。米MSNBC.comは9月14日、「パンダの死で外交論争激化」と題した記事を配信。尖閣諸島沖で9月7日、中国漁船が日本の海上保安庁巡視船と衝突、その後日本側が船長を逮捕したことで日中間に緊張が高まっていることと絡めて伝えた。米ウォールストリートジャーナル(電子版)も、中国が日本に対して船長逮捕に関する不快感を表明してきたが、その「最新の動き」としてパンダ問題に触れてきた、としている。

   英デイリーテレグラフ紙(電子版)は9月13日付の記事で、中国の大手ポータルサイトに寄せられたコメントを紹介。「コウコウが死んだのは、確か中国人船長が逮捕された翌日だったよな」「10年間何事もなく生きてきたのに、突然死んだのは偶然だったのか」と「陰謀説」を唱える声や、「精子の採取で死んだのは、日本人が中国人を侮辱しようとしたからじゃないか」との意見まで並んだという。

中国から調査団、専門家による死因解明

   中国の人民網(日本語版)によると、中国国家林業局が派遣した調査団は3人の専門家で、9月15日に来日しコウコウの死因の解明と事後処理にあたるという。賠償については、調査の最終結果が確定してから具体的に決まるとしている。

   王子動物園に取材したところ、調査団3人は15日夜に神戸に到着、16日朝に動物園を訪問し、終日にわたって状況の把握と今後に関する協議を動物園側と行ったという。その顔ぶれは、中国野生動物保護協会、四川省臥龍パンダ保護センター、四川農業大学からそれぞれ派遣された動物保護、動物病理学の専門家とのこと。今後死因に関する具体的な調査に入っていくが、「滞在日程などは未定」(王子動物園担当者)だ。

   賠償額について、動物園は「協定にあることは事実」だと明かした。ただし満額支払うのは、動物園側に「人為的なミス」があってコウコウが死んだ場合に限るという。逆に何も落ち度がなければ、支払いは免れるようだ。コウコウは15歳を目前にして死んだが、これはかなり高齢だったようで、年齢が死に何らかの影響を与えたかもしれない。

   中国側との協議は始まったばかりで、事態を見守る必要があるようだ。

一匹残らず屠…以下自粛(冷笑)。

|

« 【民主党】青木愛にW不倫疑惑 | トップページ | 【民主党】小沢月内に聴取へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109411/49469918

この記事へのトラックバック一覧です: 【支那】吸血パンダ:

« 【民主党】青木愛にW不倫疑惑 | トップページ | 【民主党】小沢月内に聴取へ »