« 大臣病?漂流辻元 | トップページ | 【民主党】石破教室の劣等生 »

2010年8月 2日 (月)

【支那】感染ルート?

「外国で買ってる訳じゃないから…」と思っている日本男児の皆さん…

中国人観光客にフーゾク嬢が買われている
(2010年7月29日(木)10時0分配信 日刊ゲンダイ)

●不動産だけじゃない!

 今月1日の観光ビザ緩和で、今後ますます急増する中国人観光客。10月には、北京の大手健康食品メーカーの社員ら1万人のツアー団が東京、大阪に押し寄せるというから驚きだ。ビザ緩和の対象は実に1600万世帯。市場規模1兆円ともいわれているから、スゴい時代になった。

 経済急成長でイケイケドンドンの中国人観光客は購買意欲が旺盛だから、疲弊した地方や旅行業界は大喜び。その一方で、目に付いてきたのが中国人富裕層グループによる“日本買い”だ。

 すでに不動産や芸術品、日本企業が中国マネーに買い叩かれている実態が報じられているが、買われているのはそれだけではない。大和撫子(やまとなでしこ)も次々に“買収”され始めている。風俗ライターの村上行夫氏がこう言う。

「中国人観光客の間で、日本の風俗店やデリヘルの人気が高まっています。これまで日本の風俗店は『外国人お断り』の店がほとんどでしたが、長引く不況で背に腹は代えられなくなった。いまや大金をはたかれ、喜んで接客する人妻風俗嬢もいれば、通訳を用意して中国人客を取り込もうとする店も出てきています。中国人が日本で風俗店を経営するケースも多くなり、中国人観光客にとって日本の風俗店はますます敷居が低くなってきている。日本人サラリーマンが年々小遣いを減らされているのに対し、飛ぶ鳥を落とす勢いの中国人男性は何万円、何十万円もの大金をポンと出すのだから、彼らに太刀打ちできるはずがありません」

 もともと中国人男性の間では「日本の女の子は優しくてかわいい」と人気が高い。メイド喫茶も好評だ。この先も“日本買い”は過熱しそう。

「お土産では日本製家電のほか、大人のオモチャが大人気です。日本の有名メーカーのオナホールは作りが精巧なので、10個、20個とまとめ買いして親戚に配る観光客もいるそうですよ」(村上行夫氏=前出)

 実際の市場規模はもっと膨れ上がりそう……。

(日刊ゲンダイ2010年7月26日掲載)

エイズの心配もなさったほうがいいかも?

|

« 大臣病?漂流辻元 | トップページ | 【民主党】石破教室の劣等生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109411/49034420

この記事へのトラックバック一覧です: 【支那】感染ルート?:

« 大臣病?漂流辻元 | トップページ | 【民主党】石破教室の劣等生 »