« 【民主党】千葉落選始末記2 | トップページ | 【民主党】小沢ダム疑惑 »

2010年7月18日 (日)

【民主党】日医蝙蝠始末記

日本医師会「二また」後遺症深刻…組織候補ゼロ
(2010年7月18日(日)10時49分配信 読売新聞)

 日本医師会(日医・原中勝征会長)が、参院選の「後遺症」に苦悩している。

 参院選では、同会の政治団体「日本医師連盟」(日医連)の推薦・支援した3候補が全員落選し、1974年以来、守ってきた「組織内議員」の議席を失った。日医連は今回、組織内候補だった自民党現職を「支援」に格下げし、民主党候補を推薦した。ほかにみんなの党の候補も支援したが、結果的に都道府県ごとに支持が分かれ、「全敗」となった。日医連の横倉義武副委員長は14日の記者会見で、「候補の一本化は困難だった」と苦悩をにじませた。

 選挙後、原中氏は日医連委員長として、「これまで、日医連は政府・与党への働きかけを重視してきた。今後は政府・与党及び野党に対しても力強い働きかけを行っていく」とする談話を発表した。日医は長く自民党の有力支持団体だったが、4月に民主党支持の原中氏が会長に選ばれ、原中氏の主導で民主党候補の推薦に踏み切った。しかし、参院選を受けてさらに軌道修正を迫られ、与野党の「二また」というあやふやな立場に追い込まれる形となった。

|

« 【民主党】千葉落選始末記2 | トップページ | 【民主党】小沢ダム疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109411/48911204

この記事へのトラックバック一覧です: 【民主党】日医蝙蝠始末記:

« 【民主党】千葉落選始末記2 | トップページ | 【民主党】小沢ダム疑惑 »